頸椎椎間板ヘルニアは、加齢によってなるものと外部からの衝撃を受けてなるものがあります。

加齢といっても、頸椎の老化は20代の早い時期から始まる為、発症は40代が多いようです。椎間板は老化すると水分が減り弾力がなくなります。弾力がなくなると衝撃耐性が弱くなり発症原因となります。

外的要因は、事故によるムチウチ症がきっかけになる事があります。症状は、痛み、手の痺れ、めまい、肩こりや、めまいが現れる事もあります。これらは、どこの神経が圧迫されたかで異なりますが、頸椎症も症状や発症の仕方がヘルニアと似ています。

上記症状がある場合は整形外科でX線やMRIで調べる事が出来、頸椎ヘルニアや頸椎症と診断されると、原則は保存療法です。保存療法には牽引やカラー装着による固定、温熱療法、マッサージ等がありますが、早期の段階なら手術に至らず軽快します。しかし、保存療法が有効な場合とそうでない場合があります。

例えば、牽引の場合、器具による牽引は首全体が引っ張られる為、癒着した患部だけを広げる事が困難です。弾力がなくなり癒着した箇所は硬くなっているからです。 硬い箇所と柔らかい箇所が同時に牽引すれば、当然、柔らかい個所が引き伸ばされます。カラーによる固定は、長期装着に注意が必要です。長期装着は首周りの筋力が落ちて支持性が失われてしまう為、場合によっては症状の悪化に繋がります。それらを踏まえた上で有効な改善策を決める事です。

保存療法に効果がなければ関節調整を試して下さい。これは、関節の失われた弾力を回復する上では有効な手技で、頸椎一つ一つの牽引が可能だからです。