ルーズショルダーとは、肩関節障害の一つで、肩関節不安定症ともいわれています。

肩関節は球状の関節で、広い可動域を持っている反面、支持性に乏しい関節です。

例えば、野球の投球動作を繰り返す事で、徐々に肩が緩んでしまうといった後天的なもので発症したり、生まれつき不安定という人もいます。
肩関節が不安定な状態だと、脱臼を起こしやすくなる為、スポーツ活動をする人には障害になってしまいます。

ルーズショルダーが習慣化されてしまうと、脱臼を繰り返してしまう事がありますが、これは軟部組織の損傷によって、引っ張りに耐える力が減少してしまうためです。

治療方法は、その原因が、関節、靭帯、筋肉で異なりますが、手術以外の保存療法であれば、肩にかかり続けた負担を取り除くために、全身の関節の運動連鎖を改善していく事が重要なのです。