股関節の痛みをうったえる方の多くは、腰や膝の痛みを抱えている事があります。 

過去の症例でも、股関節痛が現れる前に、腰痛や膝痛があった人はかなりいます。

これらは、股関節が骨盤や腰椎と連動しているために起きるからです。 

骨盤の上には腰椎があり、骨盤の下には股関節、股間節の下には膝関節があるため、どこかに不具合が起こると、連動した側も不具合を起こしやすくなります。

例えば、骨盤が前傾している人は、腰椎の弯曲が強くなり反り腰による腰痛を発症する事があります。 この時、股関節には屈曲拘縮が起こります。 拘縮で股関節の動きが制限されると、負担の増加で痛みを発症しやすくなります。 

骨盤が後傾している人は、股間節前方の被りが浅くなるために、股関節前面の負担が増えてしまいます。これは関節の摩耗を早めて変形に繋がる事もあります。

骨盤の前傾や後傾が、左右で同時に起きる事もありますが、片方だけが傾いてしまう事もあり、脚長差の違いが現れる事もあります。

いずれにせよ、身体のどこかに痛みが出る事は、何かを知らせている事になります。

自然によくなるだろうと放置していると、関節の片減りや、関節周囲の組織にまで負担をかける事になるので、早めに対処しておく事が最善策です。