いつまでも若々しくいたい。


しかし、老化は誰も避けることが出来ません。


人には、いくつかの成長段階があります。


その全てが止まると、後は衰えていくだけです。


最終段階である老年期になると、細胞や機能が衰えて身体は錆びついてしまいます。


突然、不調に襲われたり、身体が思うように動かなくなります。


現代のアンチエイジングは、見た目だけでなく、運動器である関節や筋肉を動かす事が重要視されています。


筋肉は脳と一体化しているので、認知症予防になり、身体だけでなく気持ちも若返る効果があります。


しかし、筋肉を動かすには、関節が動く事が条件です。


高齢者の中には、節々の痛みで筋肉を動かせない人もいます。


そういった筋肉を動かせない方は、最初に関節を動かしてあげる事も必要なのです!