スポーツをする人なら、監督やコーチから、腰を回転させろといわれた事があると思います。 
そして、その度に、力いっぱい腰を捻っていませんか?
腰の回転は、腰でやると思っている人がいますが、腰は、もともと回転しない構造なのです。

例えば、立ったまま後に振り向く動作をするとします。

  その時、胸椎は35度腰椎は僅か5度しか動きません。

それ以外は頚椎と股関節が補っています。
その事から、腰を無理やり捻じる動作は、腰椎に負担をかけてしまうという事です。

体幹の回旋運動は、主に『胸椎』『股関節』がやっているのです。
これらは複合して動くために『腰が回転して見えるだけ』なのです。

逆に考えると、腰が回転して見えないという人は、胸椎か股関節、あるいは、その両方の動きが悪くて、腰が回って見えないのかも知れません。

もし、そうであるなら、胸椎や股関節の動きを正常にすれば、腰にかかる負担が減る事に繋がるのです。

また、もともと、柔軟性がある人の場合だと、胸椎と股関節を動かさなくても捻転が大きくて腰が回転して見える人もいます。

しかし、そういう人であっても、腰に負担がかかる事には間違いないので、体の使い方は修正しなくてはいけません。 過剰な捻り過ぎは、腰椎の支持性を低下させて慢性腰痛に繋がるのです。

これらを改善するには、胸椎や股関節に問題があるのか、体の使い方の問題なのか、あるいは両方なのかを見極める事が大切なのです。