神経が筋肉を動かし、筋肉が骨を動かす・・・これが運動です。

そして、最後に動く、骨と骨を繋いでいるのが関節です。

関節に不具合が起きると、関節摩擦が増大して、滑りが悪くなったり、ズレによる片減りや変形に繋がります。また、筋肉の捻じれなどを誘発して、思った方向に力が出なくなる事もあります。

これをスポーツに当てはめると
  • キレがなくなる
  • コントロールが悪くなる
  • スピードが出ない
  • 筋力低下
  • 柔軟性低下
  • 違う方向に力が向いてしまう
  • 怪我をしやすくなる
といった事が起こり、運動能力は低下してしまいます。  

これらの予防には、ストレッチをしたり、左右の筋力差が出過ぎない様に、利き手と反対の運動をしたり、日常姿勢などにも気を付けなければいけませんが、一旦硬くなった関節に対して、ストレッチだけだと不十分です。

なぜなら、背骨のように24個の骨が積み重なってる関節を、一つ一つストレッチさせる事は自分では出来ないからです。 全ての運動には対角螺旋の動きが必要で、それには背骨の動きが重要です。

ラケットやクラブを振る動作、ボールを投げたり蹴ったりする動作も、対角螺旋運動が妨げられる事で、手打ちになり、肩や肘に負担がかかるのです。

以上の事から、運動能力を高めるには、使われていない機能を引きだす事が近道なのです。