今日はセミナー受講生の疑問にお答えします。


どうして同じ手技をやっているのに結果が違うのか?


熟練者と覚えたての人が違うのは、仕方ないとして、それほどキャリアの違わない人は何故?と思うかも知れません。


その場合は、自分自身の立ち方や方向を確認してください。


立ち位置が、患者から遠くなれば、術者は前傾姿勢になってしまいます。


姿勢が崩れた状態で矯正しても、手先に体重が乗ってしまうために、手先が柔軟に使えません。


また、自身の臍の向きを矯正する箇所を向けなければ、左右の手が均等に使えないため、力の配分が違ってしまいます。


見た目が同じように見えても、角度やスピードが違えば、中身は別物になってしまうのです。


効果が出せないケースの多くは、自身の体勢が崩れている事が考えられます。


触診テクニックは、場数を踏まないとわかりにくいと思いますが、骨格模型の上に皮膚や筋肉をイメージする事が大切です。


そして、実際の施術は、その反対で皮膚の上から骨をイメージするのです。


頂いた疑問はブログにも投稿していけるようにしますので、参考にして下さい。


細かい動きは、文章では伝わらないと思いますので、セミナーで伝えていきますが、簡単な事はLINEでもお答え出来ますので、受講生の方は遠慮なく聞いてください!