胸郭出口症候群とは、頚部から上肢までの、腕神経叢の障害で、腕をあげる動作時に起こる上肢の痛みや手のしびれ、または握力低下動かしにくさ他、前腕部の冷感症状が出る事もあります。

これらの症状が現れる人に見られる特徴として、いかり肩や、なで肩などの姿勢が関係しています。 全く正反対の姿勢なのに、どうして同じ症状が現れるのかというと、いかり肩は、首や肩の筋緊張が亢進して斜角筋隙が狭くなる事で神経障害が起こります。

なで肩は、鎖骨と肩甲骨が本来の位置より下がる事で、腕神経叢に牽引力が加わる事で神経障害が起こります。

これらの症状の改善には、それぞれの姿勢に対して行わなければいけなくなります。 姿勢を見ても分かりにくい場合は、それぞれの姿勢を強調する事で判断できます。

症状に対してのアプローチ方法は、いかり肩であれば、斜角筋を緩めて、腕神経叢の圧迫を緩和したり、場合によっては僧帽筋のストレッチが必要です。

なで肩の場合は、肩や鎖骨を本来の位置に戻すために、小胸筋をストレッチさせた上で、僧帽筋や菱頚筋群の筋力を高めるエクササイズが必要です。

筋緊張や筋力低下が起きている時に、筋トレやストレッチを併用する場合は、先にストレッチ、次いで筋トレという順序が適しています。
いずれにせよ、症状の放置期間が長ければ、筋委縮などが起こり、改善しにくい状態になる事もありますので、早めのケアが大切になります。