先日の事ですが、30代の女性に、体の歪むと脂肪が付きやすくなりますか?と聞かれました。 過去にも同じような質問をされた事が何度かありましたので、今回のテーマにしてみました。

体の歪みと体型変化・・・これは大有りです!

多くの女性は、ある程度の年齢になると、お腹周りから下半身に脂肪が付きやすくなったとか、出産後に体型が戻らないという事はご存じだと思います。

そんな中、体型変化の少ない人がいる事も事実です。 

これらの違いを一言でいうと、体型変化の少ない人は、それなりに努力をしているからだと思います。 恐らく、本人は努力しているつもりすらないかも知れませんが?

体型変化の少ない人は、もともと太りにくい体質であったり、普段から規則正しい食事や、姿勢、歩行、運動を心掛けていたりするので、急激な代謝低下に繋がらないのです。 

しかし、30代後半あたりになると、ホルモンバランスの乱れなどで、基礎代謝が落ちるために、体型変化が目立つ人が増えてきます。

ここで注目してほしいのは、年代ですが、30代後半あたりから変化が出るのではなく、目立つようになる時期であって、実は、子供の頃から姿勢や体型は変化し続けているのです。

成長期の子供は、横に増えたり、背が伸びる時期なので、太り過ぎない限りは、あまり気にしないと思いますが、過度に太りすぎると、足首、膝、腰などに負担がかかり、O脚やX脚になりやすくなります。

10代後半あたりからは、女性ホルモンの分泌が増えるために、皮下脂肪が付きやすくなります。 20代で仕事をするようになると、職業によっての姿勢変化が現れます。 そして、30代後半あたりから、基礎代謝が低下し始め、出産などと重なると、さらに姿勢変化が起こります。

40代過ぎからは、基礎代謝の低下と姿勢変化による筋力低下が重なり、脂肪の蓄積が顕著に現れ、体型の崩れが目立ってくるというわけです。

例えば、姿勢の崩れで起こる体型変化ですが、人は年齢とともに、楽を求めようとします。 

楽な姿勢は、決して良い姿勢ではない事は、姿勢のブログで書きました。

楽な姿勢の代表というと、猫背や仙骨座りがあります。 

これらの姿勢で起こり得る事は、背中を丸めた姿勢は、背筋群が伸びてしまい、筋力低下に繋がります。 その反対側にあたる、胸筋群は緊張して硬くなります。 
その結果、起きる体型変化には以下の事が起きやすくなります。


『首が短く見える』

『胸がたれる』

『二の腕がたるむ』

『顔の表情筋の働きが悪くなり、顔がたるむ』


仙骨座りによる体型変化

『お尻がたるむ』

『お腹のくびれがなくなる』

いずれも、不良姿勢が筋力低下に繋がり、使わない箇所に脂肪が蓄積して、筋肉が贅肉になり基礎代謝低下に拍車をかけるのです。

女性が社会で活躍する時代になっていますから、これからの時代は気も体も引き締めようとする意識が強くなってくると思います。 
社会の波に乗り遅れないように、姿勢を正して肉体改造をする機会なのかも知れません。