女性は妊娠すると、ホルモンの影響で靭帯が緩んで骨盤が開きやすくなります。 その間、お腹の中では胎児の成長にあわせて、母体に姿勢変化が起こります。

妊娠中期あたりになると、お腹が膨らんできて、重心が前方に偏るため、立位でバランスを維持するために骨盤が後傾します。 後期になると、さらにお腹が大きくなり、腰椎の前弯が強くなると同時に、後傾していた骨盤が前傾に変化するため、胸椎の後弯が強くなるのです。 この変化は地球の重力に対してバランスを維持するために起こります。

妊娠前の姿勢と比較した場合
妊娠中期⇒骨盤が後傾して腰椎の弯曲が少なくなる(平背・丸まり腰)
妊娠後期⇒骨盤が前傾して腰椎前弯と胸椎後弯が強くなる(猫背・反り腰)


妊婦が腰痛を発症する確率は全体の50%以上いるのは、こういった姿勢変化が関係しています。 腰痛を発症した場合は、簡単なストレッチで痛みを緩和させるか、施術を受ける場合は、安定期の身体を動かしても良い時期だけになります。 

母体が腰痛などで心理的不安を持ち続けている事は、胎児にも影響するので、出来れば妊娠初期から正しい知識をもって予防していく事が大切です。 

次に、産後矯正のタイミングですが、緩んだ靭帯が元に戻るのに半年程とされていますので、最初の矯正は1ヵ月検診を受けて健康状態を確認してからのが良いでしょう。 平均的には、産後2ヶ月目から始める人が多いですが、腰痛や恥骨痛がひどい人は、1か月検診後に行なう人もいます。 

また、赤ちゃんを産んでから体型がもとに戻らないという悩みをかかえている人がいますが、これらも妊娠中の姿勢変化が大きく関わっています。出産前の体型に戻らない原因には、身体の歪みと運動不足が大きな原因だからです。

歪みは関節や筋肉の拘縮に繋がり、身体を動かす可動域を狭くします。 さらに妊娠中から産後にかけては運動量が減少するために筋力低下が起こり、脂肪がつきやすくなるのです。

体型を戻すには、産後1ヵ月後を目安にインナーマッスルを鍛える運動を始めると良いでしょう。