不良姿勢というと、頭に浮かぶのが背中を丸めた姿勢だと思います。

一般的には猫背とよばれますが、不良姿勢は、筋肉や関節の異常で、正しい姿勢が出来ない事全般を指すので、猫背ばかりではありません。

不良姿勢を知るには、正しい姿勢を理解しないとわからないので、正しい姿勢とはに書いてますので参照してください。

不良姿勢は、主に生活習慣における、同じ姿勢、動作のクセ、仕事やスポーツでの繰り返し動作等による筋力の左右差がきっかけとなります。

大半の場合は、こういった筋や筋膜のバランスの不均衡が原因となって身体が歪んでしまいます。
歪みが大きくなると、筋だけでなく、関節が硬くなり、変形に繋がる事もあります。

この事から、筋や筋膜の異常が先で、次いで関節という順序が多いようです。

関節に影響が出始めると、揉んでも改善されない肩こりといったものへと、悪化するばかりなのです。何年もマッサージ通いしているけど、その時だけという人は、関節が硬いからかも知れないのです。

不良姿勢の改善方法は、歪みをリセットした上で、筋の異常がどう出ているかを知り、筋トレやストレッチを併用していく事です