関節可動域調整法の効果の一つに運動能力の向上があります。
施術を受けた殆どの人が、その場で柔軟性や筋力の向上効果が実感できたと思います。
しかし、それだけでは運動能力の向上までは実感できないと思うので、その理由を説明します。


理由その1
関節可動域左右差
関節可動域左右差は筋力左右差などで起こります。
誰にでも、利き手があるので、若干の左右差は当然ありますし、逆に運動能力が向上した結果とも言えます。 しかし、過剰な左右差が起きると、筋収縮活動が偏り、関節可動制限が起こります。 これは、関節や筋の損傷の原因になるだけでなく、コントロールやキレも悪くなります。

理由その2
運動連鎖障害
背骨には24個の骨があり、関節一つ一つは小さくしか動かなくても、全てが連動すれば大きな動きが可能になります。 この関節運動が妨げられると、体幹を使った捻転動作に支障が出て、一部の関節だけに負担をかける事になり、慢性痛の原因や、運動能力が低下して、最大パフォーマンスが発揮できなくなるのです。

  関節可動域は、日常生活レベルの運動だと減少してしまいます。

学生時代と比べると、社会人になってから、急に体が硬くなった人も少なくないはずです。
これは、体育や部活動がなくなり、体を動かす機会が減ったためです。
そして、中年期になると、加齢とともに体の硬くなるスピードが早く感じるはずです。
運動をしなくなると、筋活動の減少で筋力低下が起こり、同時に、関節可動域も減少していきます。

体は、動かさなければ退化していくのです!

関節可動域は広ければ良いのではなく、狭くなり過ぎたり、過剰な左右差が出る事が問題なのです。

これからスポーツを始める人や、久しぶりに復帰する人は、関節を整えた後で行えば、よりスポーツを楽しむことが出来、怪我などのアクシデントから身を守る事になるのです。