運動時の動作は個々の関節が単独で動くのではなく、全身が連動する事で、様々な動きが可能になります。

中でも、体幹の動きは、とても重要な役目をします。

体幹の基本的な動きは、前屈、後屈、左側屈、右側屈、左回旋、右回旋の六通りですが、これらの動きは、純粋な単独運動ではなく、関連する部位が、互いに協調しあって行われます。


例えば、側屈には回旋が伴なう等、いずれかの動きが悪くなれば、可動性にも影響してしまいます。 これでは、スポーツの技術向上も期待できなくなり、バレリーナやダンサーのように表現力を引き出さなければいけない方は、しなやかでバネのある動きが出来ません。

手足を動かすには、体幹との連動が不可欠で、それが出来なければ、一部の箇所に過度な負担がかかったり、ギクシャクした動きになったりして怪我の原因にも繋がるわけです。

現代のように、ボタン操作で何でもできる時代になってくると、身体を動かさなくても用が足りてしまうために、体幹が使う頻度も減っています。

特に、脊椎は、個々の関節を一つ一つストレッチする事が難しいだけでなく、もともとの可動範囲も小さくて、硬くなりやすい関節なのです。

こういった問題は、普段からストレッチを行っていれば、起きないのですが、人の動き方にも、個々のクセがあるため、ストレッチのやり方にもクセが生じてしまいます。
そのクセを改善しないまま、続ける事が、かえって逆効果になる事もあるのです。

一般的には、身体の柔軟性というと、開脚が広く、前後屈で深く曲げ伸ばしの出来る人と思われがちですが、そういった人であっても、手足と体幹がうまく連動していない人が大勢います。

この事からわかる事は、特定の箇所だけ関節可動域を広げても、機能回復にはならないという事です。

しかし、全身の運動リズムが改善すると、一部位にかかる負担が減り、手足と体幹が連動する事で、全体的な可動性が向上します。 また、運動リズムが整う事で、常にかかり続けた筋緊張から解放されて、適度な緊張とリラックスの中で動けるようになるため、全体的なパフォーマンスの向上が期待できるのです。

現状で、動作制限を感じる方、あるいは、柔軟性は充分あるけど、スポーツに伸び悩んでいる方は、関節の遊びが消失しているのかも知れません。