踵に痛みが現れる障害の1つに、シーバー病(踵骨骨端症)があります。

シーバー病は、スポーツをする10歳前後の男の子供に多い障害です。

主な症状には、踵の腫れや圧痛、体重をかけた時の踵の角の痛みがあります。

子どもの踵骨後方部には成長軟骨があり、その後方骨端部分は血行が少なくなっています。

踵骨端にはアキレス腱が付着しているので、運動などで繰り返してアキレス腱が引っぱられると、血流障害が起こして発症すると言われています。

つい最近の事ですが、当院に似たような症状で、2日にわたり、2名の小学生が来ました。

いずれも10歳前後の男の子でした。

ここは病院ではないので、診断は出来ませんが、施術を通して感じた事は、2人とも、アキレス腱が硬いという共通点があり、20度の傾斜のストレッチボードに立つと、二人ともまっすぐに立つ事が出来ませんでした。

アキレス腱が短縮した状態になると、踵骨と距骨間の遊びが消失してしまい、背屈制限が起こります。

また、アキレス腱が硬くなると、ハムストリングスも硬くなりやすく、前屈制限が起こります。

この場合、踵骨だけを見るのではなく、前屈制限がどこに起きているかが改善ポイントになります。

アキレス腱を柔軟性は、しゃがみ込み動作が、20度の背屈で可能とされていますので、それを目安にすると良いでしょう!