ゴルフのプレイ中に軸足となる左足首を捻挫した症例です。

発症後は、ずっと湿布をしていたそうですが、数か月を経過しても、完全に痛みが消える事がなく、徐々に足首の可動性が制限されて、フォームが崩れてしまったとの事でした。

この方は、身体の柔軟性はありますが、全体に対して股関節の硬さが目立ちました。

股関節の動きが悪いと、ダイナミックなスイング動作をする時に、胸椎が過剰に動き、それに連動して、腰椎に無理な捻転動作が加わる事になります。

また、壁になる左足首にも過度なストレスが加わります。 この状態が続くと、二次的には、胸椎の動きが悪くなり、その動きを代償して足首が緩んでしまう事があります。

この方も、予想通りに、胸椎の機能障害と、足首が不安定になっていたので、捻挫をしやすい状態にあったのかも知れません。

改善のために、胸椎の機能障害を取り除いて、全体的な柔軟性を回復させましたが、ベッドから立ち上がると、足首に瞬間的な痛みが出たので、足首の支持性を高めるために運動療法を行いました。
その後は、フラフラする感じがなくなり、しっかり立つ事が出来ました。