テニス肘の事を、別名で上腕骨外側上顆炎といいます。  主な原因は、テニスプレーヤーであれば、ボールを打つ時の衝撃が、繰り返し肘に伝わった事による負担の蓄積ですなのですが、テニスをしない人でも、手首をよく使ったり、重いものを持つ職業の人には起こり得る障害です。

症状としては、ものを持ち上げる動作で、親指側の肘に痛みが出ます。

一般的な治療は保存療法で、湿布や局部注射、ストレッチなどが行われていますが、それでは根本改善にはならずに、痛みが消えても再発を繰り返す事になります。

根本的な対策は、肘にかかる負担を減らす事が重要です。

過去の症例では、テニス肘を発症する人の多くは、肩甲骨周囲の硬さが目立ちました。 また、テニスプレーヤーの場合だと、一般の人よりもダイナミックな動きが要求されるので、股関節や脊椎の硬さなどが影響して、体幹から手脚に繋げる運動連鎖が不十分な事も考えられます。 

これらは、関節の拘縮を取除く事で可動域が広がるので、正しい身体の使い方に変える事で、肘にかかる負担が分散して、予防と対策が同時に期待できます。